Rosé

Champagne Delamotte Rosé

セパージュ ピノノワール: 80 %
シャルドネ: 20 %

歴史

ドゥラモットのロゼシャンパーニュの醸造過程には、異国の香りが漂います。それは特異性から来ているのかもしれません。ロゼシャンパーニュには珍しい、セニエ法で作られているからです。セニエ法とは、果汁の発酵前または発酵中に、ブドウの皮と果肉を一緒に漬け込むことによって、ブドウの皮から色と多彩なアロマを抽出する方法です。このセニエ法によって、ピノ・ノワールの持ち味が反映された、エレガントで骨格のあるワインが仕上がるのです。ドゥラモットに使われるピノ・ノワールは、モンターニュ・ド・ランス地区の南東の丘陵にあたる、アンボネイ村、ブジー村、トゥール・シュール・マルヌ村のグランクリュ区画で栽培されています。メニル・シュール・オジェ村で獲れたシャルドネと配合されたこのロゼは、サーモンピンクの色調と、驚くほど多層的な風味を特色とします。瓶詰め後のドゥラモット、ロゼは、約2年間の澱熟成を経たのちに、デゴルジュマンされます。

最高のシャンパーニュとは、まず、最高のワインであること!

最高のシャンパーニュとは、まず、最高のワインであること!

1760年にメニル・シュール・オジェで創業したメゾン・ドゥラモットでは、このフレーズが黄金律となりました。シャンパーニュメゾンの五大老舗に名を連ねるドゥラモットは、伝統を尊重し、味わいを追求し、コート・デ・ブラン地方のすぐれたテロワールを反映したワインを生み続けています。

メゾンのワイン、メゾンのテロワール

メゾンのワイン、メゾンのテロワール

クラマンからアヴィーズ、オジェ、メニルシュールオジェまで続くコートブラン地方の丘陵に、ドゥラモットのブドウ畑が広がります。この地理的条件が、メゾンに豊かさをもたらすのです。当地方の白亜質土壌、植物相、丘陵斜面に広がるブドウ畑といった特色が優れたブドウを生み出し、デリケートで揺るぎのない味わいのシャンパーニュに昇華されます。私たちは、ブドウ畑と周囲の環境を大切にしながら、テロワールの特性が最大限に表現された最良のシャンパーニュを結実できるよう尽力しています。

召し上がり方

召し上がり方

冷やしすぎないフレッシュな温度(8度前後)で、チューリップ型のエレガントなワイングラスに注ぎます軽いスモークの味わいが感じられる洗練されたこのワインは、フランボワーズのシャルロットケーキ、赤果実のフルーツサラダとともに、あるいはマルセル・プルーストに倣い食後の焼き菓子とともに味わってみてください。